好きなことをしていても、自分で自分を窮屈にしてしまうこともある

はぁ、窮屈と思う時

上手く自分が使えていない時

体が勝手に力が入っている時

やりたいことが多すぎたり(本当にしたいこと)

思考と体と時間のバランスが取れない時

 

 

まさに、今それ

ぐぬぬ・・・

バランスを取ることを意識してみよう

 

完全なる自由って厳密にいうと

ないじゃない?

 

呼吸すらも自由には出来ないわけで(苦笑)

 

そして皆、自由をどう考えているか知らないけれど

かなり自由って不自由だしね~とも思ってる

 

そんなブツクサは置いておいて

プールとかに浮かびに行きたいな

 

 

 

 

サッカーW杯を見て思う事←見ない私としてはレアな話

サッカーで日本が盛り上がってるねぇ

スポーツは嫌いじゃないけれど

毎回サッカーW杯のノリに乗り切れていない

私です、皆さんはどう???

 

なんか、サッカーを見ていると

気持ちよくなって寝てしまうのです(^-^;

以前、野球とバスケは見れるんですと

話した時に「すぐ決まる、わかる」って

言うのが好きなのですねと言われたのを

思い出した(^-^;

 

で、何が言いたいかと言うと

何?昨日の結果は次に進めるのに

スッキリしていない人も多いとか・・・

 

まぁ、わかりやすくマンガみたいにラストで

逆転!!!いぇ~い!はスッとするよね

 

ただ、今回の戦い方って私の中では

本来の日本人らしいなとサムライだなとも思ったのです

 

命かけて散るって本当に最後←そのラストで本当に

目的のために散れるのがサムライじゃないかなと

(最後に逃げる、散れない奴いるじゃない?あれは

サムライじゃないわ~覚悟の度合いが違う)

 

時期が来るまでサムライって、

耐える!目的のために耐えれる

冷静で戦略的で・・・

戦国時代の話を思い出してもそうじゃない?

 

ベタに言うなら

官兵衛だって、あ!赤穂浪士もだよね

 

目的のために長期計画も出来るし

一見卑怯にみられても芯(誠)を通して

耐える、耐える・・・その先を取るために

 

今回のサッカーを見ていて、そんな感じがした

 

しかもさ、忘れてはいけないのは

それまで日本はフェアプレーを続けたから

勝ち得たわけで

 

これこそ、このフェアプレーも真っすぐで

正々堂々としてサムライじゃない?

 

そういう意味で、日本のサッカーの結果は

これからどうなるのか楽しみです

 

 

戦略的って平面思考と立体思考が

よく見えるな・・・そんな呟き

 

 

 

 

 

 

 

 

夏至も過ぎたことだしさ

ブログをこの「はてなブログ」へ

移行していこうと準備をしつつ

以前のアメブロと並行しているんだけど

 

やっぱり、そろそろ

もっと本気でこちらを育てるほうが

なんか今の自分に合っているような気が

ドンドンしてきたw

 

ドンドンって自分で書いていて笑うけれど

 

うん、なんかそんな感じ

アメブロには読者の方も多いのだけど

なんか自分の中に古さを感じて

引き戻される気がするんだよね(気分か!)

 

今月まで、その辺はユルユルして

私の季節の夏でどーんと増やして書けていくといいな

 

そう言えば・・・夏至過ぎたじゃん

 

陽が1番長い夏至

でもそれを過ぎると短く冬へ向かう

 

くそ~体感的には夏の前だけど

私の中では冬の始まりでもあるのよ

 

「さてどこへ行こうかしらね~」まさにこのセリフな状態の毎日

1つ前の投稿で

人には「よ~わからん」やろうけれど

「私はスッキリした」話を書いた

 

そこで、私なりに今

次に進んでいっているのですが

 

今日振り返って、あらたに

浮かんだ言葉は

攻殻機動隊草薙素子の言葉

 

「さてどこへ行こうかしらね

ネットは広大だわ

懐かしい劇場版の最後の所

ラストのセリフがこれ

 

攻殻機動隊 『ネットは広大だわ』 - ニコニコ動画

 

私らしいと言えばそうですが

ホントこんな感じ

スッキリ、心身ともに身軽さも感じたからかな

 

自分で自分の人生の責任を持つと決めている
その答えが他人が思う正解で無くていい

評価とかそんなことじゃなくていい

それらは自分でコントロールするものではなく

勝手にあとから付いてくるだけ

 

限界や上限も意識して外して選択していくと

まさにこのセリフなのだ

 

未来はどうなるのか

想定外も想定内だろう

そういう意味で全てを受け止めて行くと

決めたら失敗も不安も変わっていく

 

楽しみしかないのだ

 

ちなみにこの「ネットは広大だわ」と言うセリフ

コチラのコラムで書かれているものが

とても今の私の理解に近かった

 

コラム: 時代と共に変わる「ネットは広大」の意味~瀬名秀明氏×櫻井圭記氏の公開対談@東北大学オープンキャンパス

 

そのコラムの中ほどで

「ネットは広大」その意味する所は?

と言う部分でで瀬名氏が後半

話している部分などは得に「今」の

自分が思う感じに近かった

 

 

 

 

今年前半の振り返り~

主に仕事メインで、今年に入ってから

(本当は年末あたりからかも・・・)

手放しと整理をしていました

すでに色んなところで話しているけれど

 

☆仕事を継続していくうえで

こう言う事も必要だと思いますよ

変わらないなんて無いのですから

緩やかな右肩下がりなんてことがないように見てね!

 

私の場合は仕事内容も1つではないし

より自分はどう生きたい??があるので尚更でした

 

ホントこの作業・・・辛くてしんどくて(苦笑)

でも、絶対に自分の人生でも必要だ!!!と・・・

どこかがわかっていたので

必死でやったんですよ

 

要らないことを手放すのは、まぁ悩んでも

ターゲットがわかりやすい

 

悩んだのは、

出来ていること・上手くいっていること

出来てしまう事などなのです

 

今回はそこまで手放さないと

ダメだなと言うレベル

(何年かに1度は来る大型のやつ

前回は仕事を退職するとき2012年だ)

 

手放すことが不安とか怖いは

あまりないタイプなのですが、悩んだのは

 

好きなもの、1番で!と言うものを軸に

固めてきていたので

 

無駄が少なかった・・・

 

つまり

 

「どれ??」

「あれ、上手くいっているのも止めたら

全部やめちゃう感じ??」

こんな感じになっていたんですよね

 

もちろん、お仕事をしているので

無責任なことは出来ないのでそこは守り

緩やかに変えていく範囲を決めていけば

良いのですが

 

ま~~~~~~~~~~~大変でした

 

周りにはわからなかったと思う

家族のみかな・・・

悩んでおかしくなってるのを見たのは

 

そこまでする?
そこまで考える?必要?

やり過ぎちゃう?考えすぎちゃう?

損ちやう?

収入は?

 

途中の段階の私を見ていたら

多くの人はそう思うかも・・・でもね

ココが立体思考なのかもしれないけれど

結果、それこそ先の先で

人生ベースで見ちゃうし、どうすれば良いかも

漠然とだけどわかってしまう所もあって

 

 

逃げたいけれど、その結果を知っていると

逃げるは「無し」なんです

私だし、私の人生だし全うなんですよね

 

 

そしてその結果3か月以上かかって

その時に出せる答えは出して、あとは

流れに委ねたんですけれど

 

あのね!!!本当にいきなり来るよ←何がw

 

心の底からの願いや声が聞こえるし

見え方も変わるし

クリアだし

 

自分でやる限りは、

自分の知覚の範囲内であるのは

わかっているけれど

 

止める、やめるの効能っていうのかな

 

次に進むには最低限の状態で

最強の武器のみでって感じ(爆)

 

次のステージですね~なんてぬるい感じではないの

 

ヒリヒリするぐらい

押された感じなのですよ、私の中では

 

スコーンとね

 

自分の胸の内にわいていた

説明のつかないものも、わかって流れたし

 

整理整頓(自分の持ち物再確認)

自分の最新の地図も持った

武器も持った

 

そういう状態に強制的にされたような

今年前半でした

 

明日からは6月!!!

 

振り返ったランチタイムだったな

 

この感覚と苦しさもいいデータになったし

6月スペシャルなコンサルでも限定でしちゃおうかな

今、本当に書いていて思いついた!

 

コンサルも減らす方向だけどさ

形がわかっていくんだと思う( *´艸`)

 

 

 

ちょっとの背伸びと、ちょっとのチャレンジの連続

私は今、答えがわからなくても

どう生きたいのか(行きたいのか)

この部分だけは自分の中で

何とも言えないけれど「ある」

 

そこが軸と言うか

進む時の基準で指針みたいなのが・・・

 

答えが今わからなければ

イケナイわけではないから

 

その軸で指針の部分が言語化できると

良いのかもしれないけれど(苦笑)

 

そうであるってわかっている感じ

説明は面倒なんだけど(^-^;

 

そうそう、何を話したいかと言うと

 

何かを選ぶときは私は

上記のことがベースにあるので

その上で

ちょっとしんどい方を選ぶ

少し背伸びする方を選ぶ

 

死にそうにいばらの道はよほどでないと

選ばないけどね

それをしてでも得たい時

成果ではなくその先の結果が見えたら行く!

 

ビジネスでも

ライフスタイルでも同じ

 

先へ先へ

上があるなら登ってみよう

 

傷の舐めあい

このくらいでいいよって言うのは

本当かな?

 

休憩はしてもいい

違うと思うなら方向転換はあり

 

でも正当化、ごまかし

自分の人生と可能性を自分で決めて

狭めていない???

周りに似たような人を置いて

安心してない?安心じゃないな

引き込んでごまかしてないかな??

 

 

それは私には無い

そういう人とは無理だなと思う

 

 

 

 

 

 

 

普通は普通なんだってば

仕事がら、よく人の相談を聞く

コンサルでも講座でも

もちろん現在の悩みや改善したいことが

あるから私のもとに来られるのだけど

 

これが、こうなると

変わるよ!!と思うことがある

 

人は必ず過去のデータや自分の好み

(感情)を引っ張り出して

物事を見たり判断をしようとする

 

これが悪いわけではないけれど

ややこしくしている所でもある

(便利機能で人を退化させるイメージ)

 

まずは、どんな物事も一旦素直に

そのままに受け止めてみてみよう

 

本当にニュートラルに

 

事実と感情は分けてから

ただただ見てみる

 

これが基本

 

 

例を挙げるなら

個性を大切に・・・と言う考えと言葉

 

私も個性を活かして自分を生きろと

思うし言う人ではあるが

こういうやり取りを、よく見ませんか?

 

娘がかなりハチャメチャで、生活もファッションも

凄かったとする(爆)

 

親は言いますよね

「そんな、おかしなことして!

もう少し普通にしなさい」

「うちの子、普通じゃないのかしら・・・(心の声)」

 

反対に、個性に目覚めた人や

自分はなかなか出来なくて憧れていた人や

これからは個性の時代だ!なんて思った人は

 

普通じゃ嫌!

普通は面白くない、良くない!って思って

行動したり、支援する

 

両方に言えることは

普通と言われる状態は「ある」って事!

 

それが良いとか悪いとか

面白い、面白くないは後付け!

ただの感情です

 

それを受け入れてからの

話ですが、混ぜるからおかしくなる

その上、混ぜたままで考えを押し付けるから

お互いにおかしくなる

 

奇抜な子がいたら、「普通」と言うことを

感情抜きで、善悪判断無しで伝えられるか

まず親が見て欲しい

そしてそのうえで、考えを伝える

(マナーなども含まれますね)

 

気をつけたいのは

「普通だから、こうしなさい!!」じゃないって事

 

こういう感じになってるのが多いなと思う

 

テレビを見ていてLGBTの方の親子の心の葛藤を

話されているときでもそうだった

 

娘「普通じゃない自分がおかしいのか?

普通じゃないといけないのか?」

 

母「普通じゃない娘に育てたのかもしれない」

 

母娘「普通って何だろう」

 

短くするとこういう会話・・・

 

普通ってそのまま普通なんですよ

 

LGBTの方の話で言うならば男女の組み合わせが

生物的にも理由があって多かったらそれが軸になって

普通と言う言葉を使う。

 

それ以外の組み合わせがあれば、少数なのだから

言葉的には普通から外れる

それがいい悪いではない

 

「普通の人は」という「普通」はあるからだ

 

普通は良いわけでも、悪いわけでもなく

そして「普通って何?」みたいなこと言うけれど

「普通」が存在するだけ

 

やってはいけないなと思うのはコレ!!

「普通なのだから~しなさい」

「これが普通なのだから、~はオカシイ」

「普通じゃないから~だめ」

 

普通はあくまでも普通

その事実だけ、そしてその事実は確かに「ある」

 

そこに感情を乗せたり、混ぜたりして話すなと言う事

そしてそれを人に押し付けるなと言う事

 

「普通」と「その他」があるだけ

 

それをお互いに正しく認めることから

話はスタート

いたってシンプル

 

これらが概念ですね

概念なんて、国や時代や宗教等も

変われば変わる、そんなものだという事

これも事実

 

あるものは在るんで!!

無いものはない!

 

まさに、この辺は

「あって無くて、無くて在る」がわかると

物事の見えかた、判断が一気にニュートラルになり

自分も楽になるのにねってね

 

私の構成の1つはここ

 

LGBTを例に挙げたのは

私の友人に多くいてね、よく話していたから

この「普通」を「普通」として存在するを

わかってなかったから「外れて」ダメなんだと

思ってたと言っていたって

 

それを思い出したんだよね